医学部 臨床医学リハビリテーション医学Physical and Rehabilitation Medicine

JapaneseEnglish

研究室HP

リハ月例抄読会

 1997年4月北陸唯一の大学病院リハ科が新設され、同時に運動機能病態学部門のリハ科がスタートした。リハ科科長・リハセンター部長に山口昌夫教授が就任し、2009年4月から影近謙治教授に引き継がれた。臨床では年間2000件の新患のリハ処方を出し院内・地域のリハを広く担当するほか、嚥下機能回復リハ、慢性筋疲労・慢性疼痛のメカニズム、超音波による動脈の質に関する研究、新しい義肢装具の開発、高次脳機能障害の評価・社会復帰へのリハ効果研究など各専門外来に関連する臨床研究を行っている。他施設とも活発に交流し、金沢工業大学、岐阜大学工学部、松本歯科大学、スウェーデン王立カロリンスカ研究所、ウメオ大学、黒龍江省立病院と現在共同研究を行っている。また毎年海外から講師を招きリハ医療技術を高めるための国際交流セミナーを開催している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線8467) / FAX: / Email: kagetika@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

特任教授

  • 影近 謙治 影近謙治2011

講師

  • 中田 実

主な研究業績

部門別研究業績

  • K Kagechika, M Nakata, A Kobe, M Tsubokawa, H Kawasaki, Y Takag :Effectiveness of Pain Measurement by Electric Phenomenon, Science MED an international Journal of Medical Sciences,2(2),109-112,2011
  • M.Nakata, M.Yoshizawa, Y.Yamada, K.Kagechika, P.O.Eriksson:Pressure pain thresholds at different body regions in chronic musculoskeletal disorders(MSD) vs healthy, Seventh International Conference on Prevention of Work-Related Musculoskeletal Disorders, (Angers, '10.08).
  • 影近謙治, 中田 実, 高木泰孝:皮膚電気現象による疼痛評価の有効性,中部整災誌,53:1263-1264,2010.
  • 影近謙治:知っておきたい病棟での初期対応,臨床リハ,19:978-981,2010.
  • (N.Kalezic), Y.Noborisaka, M.Nakata, A.G.Crenshaw, S.Karlsson, E.Lyskov, P.O.Eriksson:Cardiovascular and muscle activity during chewing in whiplash-associated disorders (WAD),Arch. Oral Biol.,55:447-453,2010.

主な外部研究資金